FC2ブログ

思い出す 

彼女が救急車で運ばれた時
痺れていた手をさすっていたのは
具合の悪い彼女の母親だった

病院に付き添ったのも母親だった

それを聞いた時に
私は思い出してしまった

私が昨年救急車で運ばれて
1番先に病院に来てくれたのは
すでに具合が悪く痩せてしまっていた父だった

夜中にタクシーを拾って
しっかりした足取りで父が来てくれた時
やっぱりどこか安心した自分がいた

お見舞いにも何度か来てくれて

あの時の父の顔を思い出した

私は父に対して冷たい娘だったけど


こうして今
1つ1つ思い出して、父にありがとうという
感情を持つことで
父に対して詫びているような…
忘れないでいることが
父に対しての供養であると思っている

今、私が置かれている状況の中で
何ができるのか

優しく寄り添っていくこと
それが1番なのかな

今、戦っている彼女にも

父を亡くして悲しみの淵から抜け出せない
母に対しても


今彼女は船の上

もうすぐ声が聞ける…

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



2017/09/05 Tue. 00:40 [edit]

Category: 未分類

TB: --  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △